あなたが住宅ローンの審査に落ちる、これだけの理由。元・銀行融資担当者に聞いてみました。

広告


あなたが住宅ローンの審査に落ちる、これだけの理由。元・銀行融資担当者に聞いてみました。



タマホームはじめ、各ハウスメーカーの評判ばかり調べていて、自分の足元が疎かになっていませんか?


そうです。住宅ローンの審査においては、私達自身がその評判を調べられる番です。「まだそんな段階じゃない」という人も、ぜひこの機会に住宅ローンの審査について知っておいて下さい。


住宅ローンの審査で落とされる人は、あなたが思っている以上に多いのが実情です。そして、一度、住宅ローンの審査に落ちてしまうと・・・個人信用情報にその履歴が残り、別の金融機関での審査にも悪影響が及びます。


ハウスメーカーも決まり、どんどんプランは固まっていくのに、住宅ローンの審査に通らなかったばかりに夢が潰えたというケースは、それこそ無数あります。


タマホームはじめ各社の建物の比較をするのも、土地を物色するのも、とても大事なことですが、それ以上に住宅ローンの審査について知ることが重要なのです。


さて・・・住宅ローンに関しては、多くの人がハウスメーカーの営業マンに任せることになると思います。彼等は構造物としての建物のプロではあるかもしれませんが、融資のプロではありません。


「マイホームという人生の夢を賭けた受験」=「住宅ローンの審査」を、営業マンに任せきりにしてしまっていいんですか?融資面談の際のちょっとした発言で、審査に落ちる場合だってあるのですから・・・・。


では、住宅ローンの審査に関する正しい知識はどこから得たら良いのでしょうか。

ネットでも住宅ローンの審査についての情報は入手できますが、「返済比率は35%以内」とか、その程度の知識しか見つけることはできないはずです。


銀行に直接聞いてみたところで、住宅ローンの審査基準や審査方法は極秘ですし、住宅ローンの通し方なども肝心なところは教えてもらえません。


そうなると、「元・銀行員」「元・融資担当者」から話を聞く他なさそうです。


元・銀行融資担当者で、現在は住宅ローンアドバイザーの有資格者として活動されている、 中山恵理子さんという方がいらっしゃるんです。以下、彼女のお話を引用させて頂きます。


住宅ローンの審査に落ちてしまわれて、ひどく落胆されていた方達の姿が、今でもとても印象深く残っています。


できれば、住宅ローン非承認の理由を全てお伝えしたかった。しかし、それは、銀行員という立場上、許されませんでした。


『総合的に判断させて頂きましたが・・・』などと言われても、腑に落ちなかったことでしょう。


でも、今は違います。


私は、銀行員という立場を離れ、住宅ローン審査のご相談をお受けできる立場にあります。あなたに本当のことを全てお話することができるのです。


そんな彼女が語るノウハウ 「住宅ローン審査速攻承認プログラム」では、例えば、こんなことを知ることができます。(ほんの一部です。)


■ 年収300万、勤続1年で住宅ローンが承認された方法とは。

■ 非承認に繋がる「伝えてはいけない話」とは。

■ 過去に借入の延滞歴があっても承認になる方法とは。

■ 自己資金なしでも思い通りの夢のマイホームを手に入れた方法とは。

■ 頼りない新人担当者ではなく、 ベテランに担当してもらえる方法とは。


また、言ってはいけないことを伝えてしまったばかりに、住宅ローンの申込ができなくなってしまったり、逆に、言わなければいけないことを隠していたために、住宅ローンが否認になってしまうことが往々にあるそうです。


あなたはこれらの質問に即答できますか?


■ 勤続年数が1年未満なのを隠すべきか否か?

■ 借入後すぐに転職する予定があることは告げるべきか?

■ 車のローンを支払っていることは?

■ 収入合算する予定の奥様が仕事をやめる予定であることなどは?

■ 消費者金融で借入があることは言わなくてもOK?

■ カードで買い物をしていて返済中であることは言うべき?

■ もうすでに職場を退職していて現在無職であることは?

■ 他の銀行でローン審査が非承認になっている事実は?


これからマイホームを購入する全ての人に読んでほしいノウハウです。


⇒ 「住宅ローン審査速攻承認プログラム


一度、どこかの金融機関で住宅ローンの審査に落ちると、次に他の金融機関にローンの申し込みをしても、承認を得ることがより難しくなってしまいます。あなたが一度住宅ローンの審査に落ちたことは、個人信用情報に記録されてしまいますから。


つまり、中山さんのノウハウを入手しないで、審査に落ちてしまったら、どんどん夢のマイホームへの道がどんどん遠のくということです。 ネットをどれだけ探しても、本屋で住宅ローン関係の本を探し回っても、彼女のノウハウ以上のものは見つからないと断言できます。


住宅ローンの審査に少しでも不安を抱いているなら、ぜひ中山さんに頼ってみて下さい。



広告