タマホームの建築現場見学会は参加必須!

広告


タマホームの建築現場見学会は参加必須!


タマホームに限らず、ハウスメーカーは建築現場見学会を開催していますが、皆さんは参加したことがありますか?


建築現場見学会なんかに行くと、強引な営業の餌食になりそうで怖いと思うかもしれませんが、最近のハウスメーカーは悪質な営業はしませんから、ぜひ参加してほしいと思います。


あれ?もしかして「完成現場見学会」をご存知ない?これは住宅展示場のモデルハウスとは異なり、実際に住む人が建てた家を見学できるというものです。


モデルハウスとは違って、実際にそこに住む人の思い入れや、実際の生活に基づいた、工夫・デザイン・間取りを体感することができます。現場見学会に行くと、自分のマイホームに対してもイメージが広がります。見学した家の良いところを自分の家に取り入れたり、モデルハウスのイメージと、実際に人が住む家の違いをナマで感じることができます。


あと、ぜひ参加してほしいものに「構造見学会」があります。これは「完成現場見学会」と何が違うかと言うと、完成前の建築中の家を見ることができるのです。これも各ハウスメーカーが実施していますが、タマホームでは「骨太構造見学会」と称して開催していますね。


どうして完成前の家を見ることが大切なのか?それは建築物内部の構造を、実際の建築現場で見ることができるからです。要するに基礎や柱の組み方など、完成してからは見えない部分のチェックができるというわけです。


タマホームおよび各ハウスメーカーが何より大切にしている、建築の構造部分を直接自分で確かめて、安心して施工を任せられるかどうかを検討できる貴重な機会です。


ひとつ、注意点があります。今回ご紹介した「完成現場見学会」や「骨太構造見学会」は、一般の方の家をお借りして行うものです。スリッパや手袋など、支給されたものをきちんと装着して、エチケットを守って参加して下さいね。


あと、一般宅ということもあって、これらはタマホームの折込チラシなどには載らないことがほとんどです。住宅展示場に行くなりして、あなたの個人情報をタマホーム側に提供すれば、あなた宛に招待状が送られてくるはずです。これはどのハウスメーカーでも一緒です。


ですから、実際の家を見学したい場合は、どうしてもハウスメーカーに自分の住所なり連絡先なりを教えておかなくてはいけないというワケです。営業をかけられるデメリットもありますが、得るものの方が大きいので、タマホームが気に入ったなら、ぜひ!

 

広告



 

 

同カテゴリ「タマホームの建築構造の特徴」内の記事一覧