タマホームの建築「地震に強い理由」

広告


タマホームの建築「地震に強い理由」


タマホーム建築構造と強度に関して、多くの方が気にするのは地震対策、耐震性だと思います。


例えば、断熱性に多少問題があっても将来に亘り「住めない」ということはありませんが、こと耐震性に関しては、一回地震で倒壊したしまったらアウトです。住むところがなくなってしまいます。まあ、高額な地震保険でもかけていれば話は別ですが。


ですから、ローコスト住宅とは言え妥協できないところとして、耐震性を挙げる人は多いです。もちろん私もその一人。たとえ多少デザインや内装や設備のグレードは低くても構いませんが、耐震性は高い家でないと、長い目で見たとき、意味がないと思います。


さて、タマホームの家の建築構造を見ると、耐震性でポイントが高いのは、「耐力壁」と「耐震金具」です。これは従来の木造軸組工法の弱点をカバーする、とても優れた工法と言えます。


まず耐力壁についてですが、タマホームの建築物の壁は構造用面材による耐力壁です。9mm厚の構造用面材を柱につなげて耐力壁とすることにより、建築物全体が一体化して、建物を「面」で支えることで、建築物の強度をアップします。木造軸組工法が「柱」だけで建物を支えていることを考えると、耐震性が大幅に強化されたと考えることができます。


次に、タマホームでは木の接合部の強度をアップさせるために、土台や基礎と柱の接合部分を防サビ処理が施された「耐震金具」で補強しています。タマホームに住所などの連絡先を渡しておくと、建築途中の家を見学できる機会が紹介されると思いますので、その際にぜひこの耐震金具の施行状況を自分の目で確認してみて下さい。


ではさらに耐震金具の種類をざっと見ていきましょう。自分の家がどういう構造になっているかを知ることは、とても大切なことですからね!


まず、「ホールダウン金具」と呼ばれているものですが、これは柱と土台を一本の強靭なボルトで貫いてしっかりと固定するものです。次に「筋交いプレート」は水平方向に力を受ける筋交いを、柱にしっかり固定するためのもの。 「L型接合金物」は土台と柱など、接合部を強固に固定します。「 羽子板ボルト」は柱と梁の接合部分を固定するための金具です。


ご存知の通り、木材は鉄骨とは異なり、「生き物」です。調湿作用など優れた点があることも確かですが、季節や経年による収縮や歪みが、接合部のズレを招き、建物の強度を劣化させるという弱点もあります。


タマホームは木造建築の持つこのデメリットを、「耐力壁」と「耐震性金具」の採用によって、克服しています。もちろん、この工法自体はタマホームだけのものではありませんが、ローコストだからと言って耐震性を犠牲にしていないという証拠にはなると思いますので、ご安心を。


広告



 

 

同カテゴリ「タマホームの建築構造の特徴」内の記事一覧