タマホームの建築の特徴「地盤調査、基礎、工法」

広告


タマホームの建築の特徴「地盤調査、基礎、工法」


タマホーム建築の特徴として、今回は地盤と基礎、そして工法という、家の主要構造部分の概略に触れていこうと思います。


女性に特に多いようですが、デザインや間取り、あとはインテリアといったような、外観への関心は高いが、肝心の構造部分については興味がない・・・というタイプの方。後々後悔することにもなりかねないので、ここでマイホームの構造に関する最低限の知識を身に付けておいて下さいね。


さて、タマホームに限った話ではありませんが、まずは家を建てる予定の敷地に、たとえば地盤沈下の危険がないか、徹底した地盤調査をします。地盤の将来的な経時変化を予測するために、建築物周辺の環境の調査も行います。


たとえ基礎や工法がしっかりしても、その家が乗る土地自体に問題があったら、元も子もありませんからね。


多くの場合、地盤の強度や問題点は、目で見ただけでは判断できません。タマホームでは「スウェーデン式サウンディング試験機」というものを使って地盤調査を実施しています。調査の結果、もしあなたの土地が軟弱地盤であると判断されたなら、地盤改良工事が必要になってきますが・・・これはかなりの出費になります。


地盤の問題は、マイホームを建てる上では非常に厄介です。なぜなら、「掘ってみないと分からない」からです。道路一本挟んだ向こう側は良い地盤なのに、数メートルしか離れていないあなたの土地が脆弱地盤である可能性もあります。


「地盤マップ」みたいなものがありますから、おおよその見当は付けられますが、あくまで予想に過ぎません。やはり結局は掘って検査してみないことには何とも言えないんですよね・・・。

次に基礎ですが、タマホームは鉄筋入りコンクリートベタ基礎を標準で採用しています。これは、建物の敷地範囲内全体に口径13mmの鉄筋を、150mm間隔のピッチで碁盤目状に配筋して、そこにコンクリートを流し込んで造る頑丈な基礎です。


今では多くのハウスメーカーが採用している基礎工法です。地震にも強いと言われていますが、その他にも建物を地中の湿気から守る役割もありますので、建物の耐久性を高めます。


そして肝心の建物自体の工法ですが、タマホームは「木造軸組工法」で「プレカット工法」です。これも他のハウスメーカーでも一般によく採用される建築手法です。


まず「木造軸組工法」ですが、これは土台、柱、粱、筋交い、などの骨組みを作って、その上に屋根をかけ、床を組んで壁をつくる、というもの。まあ、皆さん、一度は柱がまだむき出し状態の建築中の家を見たことがあると思います。現在では柱と梁を金具で固定、補強し強度をあげているものがほとんどです。


併せて、プレカット工法ですが、これは従来、木造軸組工法は職人の腕に左右されることが多く、出来上がる家の品質にバラつきがあるという弱点がありましたが、それを克服あるいは軽減する工法です。


材料を工場で規格通りに加工(プレカット)されたものを現場で組み立てる、という方法です。材料の精度や品質にバラツキが少なく、大工の腕の差を出にくくしているわけです。またプレカットにより、工期の短縮が可能となり、タマホームではだいたい2〜3ヶ月程度で家が完成します。


こうして見ていくと、タマホームはローコスト住宅だからと言って、建築の主要構造部分を蔑ろにしているわけではないことが分かります。業界のスタンダードな仕様を採用しているので、その点は安心して良いと思いますよ。

 

広告



 

 

同カテゴリ「タマホームの建築構造の特徴」内の記事一覧