タマホームが倒産しそうかどうか、見抜く方法とは?




タマホーム倒産しそうかどうか。どこのハウスメーカーで家を建てようと、その会社が倒産する可能性はゼロではありません。


アーバンエステートや富士ハウスの倒産を目の当たりにして、安さや手軽さを売りにしているタマホームの倒産を心配する人がいても不思議ではない状況です。


ダイワハウスやセキスイハウスなど高級感のあるハウスメーカーの顧客層になるような人達は、まさか自分が家を建てたハウスメーカーが倒産するなんて、夢にも思ってないかもしれません。実際、低価格・ローコストを売りにしているハウスメーカーの方が倒産の可能性が高い気もしますよね。


アーバンエステートはモロ、ローコストを売りにしてましたから。でも、富士ハウスは私が住宅展示場で見た限り、ローコスト住宅ではありませんでした。けっこう研究された良い家だなぁ、と思ったものです。(ただし、ネット上では評判悪かったですが・・・)


そこで、今回はタマホームはじめ倒産しそうなハウスメーカーの見分け方を考えていこうと思います。・・・と言っても、地元の不動産会社のオッチャンの受け売りですけど。


2010年4月追記:タマホームの倒産の危険性は・・・相対的に言えば、それなりに高いです。タマホームの決算情報と他社ハウスメーカーの決算書を比較すれば、そういう結論を出さざるを得ません。詳しくはこちらをご覧下さい。)


タマホームに限った話でも、住宅業界に限った話でもありませんが、倒産を予想するというのは素人にはなかなか難しい面があります。しかし、分かりやすいポイントというのは存在します。


ハウスメーカーの場合、「引渡しを急かす」というのが、素人にとって一番分かりやすい倒産の兆候です。営業マンが成績を上げたくて契約を迫るというのはよくある話。そうではなくて、あくまで着工や引渡しを必死に急かす会社という意味です。


続きを読む

トップページ

(C) 2011 タマホームの倒産・評判・苦情・クレーム情報を収集するブログ